一生の仲間と

出会える会社です
決して楽な仕事ではないけれど、本物のやる気、本物の力がある人は正当に評価されます。食が好きな人、人が好きな人、熱く生きたい人、本気な人の入社を待っています。

staff12(1).jpg
荒古 洋平 Yohei Arako
営業第3部
営業第14地区
2005年入社 法政大学卒
現在の仕事は、営業担当地区18店舗の売上利益の確保と、あとは労務関係です。18人の店長がいて、その下のアルバイトも含めると400人にもなるので、店長同士でフォローし合える仕組みをつくって、その上で足りないところを私がフォローするようにしています。

自分だったらこうするというのを
試してみたいと思った

2001年からアルバイトとして4年勤務する中で、多くの店長を見てきました。その経験の中で自分だったらこうするというのを試してみたいと思ったのが入社のきっかけです。成功のイメージが強かったですし、これから伸びていく会社の一員になることが自分のモチベーションになると思いました。あとは、やはり食が好きだったことも理由のひとつです。

最終的にこの会社に入って
良かったと思ってもらいたい

飲食店なので、やりたくない職種の部類に入ると思うんですよね。それでも入って来てくれる人に対して、会長も社長もいつも仰っていることですが、最終的に「この会社に入って良かった」と思える仕組みをつくる役目を全うしたいです。私が地区長までキャリアアップしてこれたのは、その時々に関わる人とのコミュニケーションを大切にしてきたということがすべて。周りが引き上げてくれたんだと思います。業績が良かったのはもちろんですが、それが評価に繋がったとも感じています。

会長と社長が社員を
幸せにしたいと本気で思っている

会長と社長が社員を幸せにしたいと本気で思っていると感じています。多くの会社がある中でそういうことを言う経営者もいると思いますが、あのお二人が本気なのが伝わってくるんですよね。

何割かは東証一部上場企業に入るということが目的で入って、様々なギャップで辞める人もいると思います。その時間も無駄ではないと思うんですが、本気で人を大事にしてくれる会社であったり、自分の会社の商品が好きであったり、この会社に入りたいと思えるところがたくさんあると思うので、そこを見て入社してほしいと思います。
インタビューを見る

荒古 洋平 はこんな人

荒古さんを一言で言うなら・・・
男気・人望が有り、仕事も抜群、ゴルフ好きな頼れる兄貴的存在の地区長。
ENTRY